不動産担保ローンの特徴は?

不動産担保ローンは、住宅ローンや自動車購入のためのローンと違って、使い途が自由な担保ローンです。不動産の価値や大きさで数億円でも借りられます。

不動産担保ローンの特徴は?

現代では表現されなくなりましたが、その昔は「銀行はお金を貸すのが商売」と言われた時期が長くありました。

不動産担保ローンは、“銀行がお金を貸すための担保融資商品”の1つです。

銀行にもよりますが、銀行にはいまでも不動産担保ローンの他に十数種類の各種ローン商品があります。

たとえば住宅ローン(フラット35、財形住宅融資、住宅金融公庫融資含む)、教育ローン(教育ローンのほか教育一般貸付)、自動車ローン(自動車ローンのほか残価設定型ローン)、フリーローン、カードローン、おまとめローン、総合口座貸越、契約者貸付などです。

不動産担保ローンは、個人でも法人でも申し込み可能です。

希望する人が所有する不動産を担保にして、銀行が認める一定額の現金を資金として借入れできるローンです。

不動産担保ローンの特徴は、借入れした資金の使い途が自由であることです。

フリーローンを除いて、他のローン商品は使い途が限定的であって、どちらかといえば融資を申込む時点で使途が決まっています。

目的限定型のローンです。

不動産担保ローンは、使途を問われたり限定されたりすることはありません。

●不動産担保ローンならこちらをクリック⇒ABCサニー

不動産担保ローンのもう1つの特徴は、担保となる不動産の価値が高かったり、不動産の規模が大きかったりすると、数億円という巨額の融資でも受けられるという点です。

銀行の担保査定が高ければ融資枠も大きくなります。

不動産担保の対象になるのは戸建住宅やマンション、アパート、土地などです。

個人で事業をはじめるための事業資金にもできますし、家を建て増ししたり改築するための資金や海外旅行の資金とすることもできます。

金利は担保物件(不動産)の査定により異なってきます。

銀行が担保の価値を査定し一定の範囲で金利を決め設定します。

返済計画などは事前に希望者から聞いて考慮する場合もあれば、銀行が決める場合もあります。

使い途が限定されないので便利です。