巨額な融資、不動産担保ローンの落とし穴。

まとまったお金が入る不動産担保ローンは魅力ですが、お金の使い方が荒くなって、価値のある資金運用ができないまま破産する例もあります。気をつけましょう。

巨額な融資、不動産担保ローンの落とし穴。

不動産担保ローンの魅力は、不動産を担保にさえできれば巨額の融資をしてもらえることです。

金利についても無担保ローンやビジネスローン、あるいは消費者金融などと比較すれば低利ですから、金利がかさんで返済に行き詰まるといったような事態には陥りにくいと判断できます。

ただし不動産の査定・評価や融資額、金利については、不動産担保ローンを実施する銀行や不動産担保ローン専門会社によって、かなりの開きがありますから十分に下調べを行っておきましょう。

不動産担保ローンでもっとも注意しておきたいことは、先にお話ししたように、土地や建物を担保物件に多額の資金が手に入るため、資金の運用計画や返済計画・返済方法をきちんと整理しておかないと、手元にあるお金の使い方が荒くなってしまうという点です。

よくある例が、飲食費や遊興費に使ってしまって、気がついたら借入資金のほとんどが残っていなかったという事態です。

そのようになると返済に行き詰まるようになり、次第に返済が滞るようになります。

不動産担保ローンですから、返済の遅滞が重なれば、担保となっている土地や建物について担保権を行使され、不動産の差押・競売、売却といった最悪のシナリオが待っています。

まとまった資金は、まとまったお金として価値のある使い方・利用の仕方を心がけるべきです。

事業資金として役立て、会社の運転資金に使うのであれば、今後のための生きたお金にもなるでしょうし、設備の購入資金に使ってもいいと思います。

出産のための費用や教育資金に利用するのも価値のあることです。

不動産担保ローンを使ってまで資金調達しなければならないほど、巨額な飲食費や遊興費というものは、少なくても存在しないはずです。

借入がうまくいったら、まず資金使途を明確にしておくべきです。